ホーム > 今週の教えのことば

今週の教えのことば 「心をあなたに…神仏からの祈りのメッセージ」

2021.3.5

今を生きて 動けることが仕合せ
動きにより 自分と共にこの世の時を味わい
そのよろこびを肌で感じてゆきましょう
時代の波に乗りながら
すべてに楽しく うれしく 良かったと
感謝してゆける自分になりましょう
この世は 本来楽しむところだから
勇気は すべての難を自ら砕き 浄め 整える
そのことを自覚し 一つひとつ身で味わってゆきましょう。

2021.2.26

人は皆 平等公平の中に生きている
ただし個々の特徴は
それまでの因縁によって育まれたもの
その因縁をしっかり知って
自尊自立(自律)の心で
尊い日々を活かし 感じて 味わい
自らの中に入れてゆきなさい
自らを知り 自らを敬い尊ぶところに
汚れ 苦は浄められてゆくものだから。

2021.2.15

一方的ではなく 自他共の安全を図るには
真にそった英智しかない
その英智をもとに日々実践してゆくことが
自身の安泰の生き方 大往生の生き方と思う
人に甘えず 人に感謝してゆこう
常に話し合い
「ごめんなさい」「ありがとう」
「すみません」「お願いします」
この言葉を心から言える 明るい素直な人でゆこう。

2021.2.3

自尊とは
自己を知り 自己の汚れ 醜さを取り払い
自らを愛おしく思えること
あたり前のことに素直にそって
自分を慈しみ育てる覚悟を持つこと
自分を悪い人にせぬよう 今という時と役に徹し
自分のことを自分で守ってあげること
その心を一人一人が持てば
神仏との縁を求めなくとも 神仏が下さり
この世は 助け合いの和やかな世界に変われる。

2021.1.22

神は 自然の理そのもの
人間の考える善い悪いではなく
理に照らしその人をつねに見ている
仏は 人間の心に光を与えてくれている
人間が神の示す理にそっていけるようにと
仏は 神の心をいただきこの世を卒業された方
仏の心には 慈悲 慈愛があふれている
その人がよくなるようにと
その人に合うように語ってくれている
人は素直にその言葉をいただき
まず自分を整えることだ
神は たとえ小さなことでも 小さく捉えず
その中から その人の誠意とまごころを見ていられる。

2021.1.15

人は 今ということに責任を持ってゆけばよい
今という時の中に
過去のひずみ 歪みを調整するチャンスがあるのだから
あとは この世で物事を通じ 楽しみ
人の心を見て学んでゆけばよい
それには まず肉体が持つ感情「気」を整理することです
人は 自己へのこだわり 屈辱 悲しみがそのつど尾を引いて
無条件に今にそってゆけないようですから
皆が今という役に責任を持ってゆけば
この世は素晴らしい調和ができるはず
決して人のせいにしないから
その時の失敗は 人はお互いに許し 助け合ってくれる
失敗した人には知恵を 助けた人には徳を
お互いがよいように 神は計ってくれているから…。

2021.1.4

生きるとは
心の泉(神仏の英智)を求めていくこと
心の泉は 常に新鮮で 清く
人との交わりの中から 自分を成長させてくれる
それが心の泉である
永遠に枯れることを知らない泉である。

人生を素朴に生きられたら最高
素朴とは
自己自我にとらわれず つくらず
自然を生かしてゆく 心の豊かさ。

2020.12.14

この大切な一時を
誰の為でもない
自分の為に精一杯生きよう。

この世の善悪は
すべて自分の素直な心でわかる。

「分相応」は自分自身の中にあり
誰のものでもない
「分相応」は自尊に通ずる

2020.12.8

常に真実に出会ってゆこうと思う
時の中には
真実に出会える問題集がいっぱい詰まっているから
時の中で 人と交わり 自分を知り 自分を育て
時の中で 自分の役を確認し 自分を活かしてゆこう
自分らしく 天と時と自分の役の中で…
それ以外は 余分な苦労と無理なこと
人は皆 公平に生きてゆく仲間なのだから。

2020.11.30

生きるとは 今感じ動くことである それが「即今」
「即今」とは
今の自分の役に忠実に 物事の必要性に合わせ行動すること
なりゆきに動くだけでは「即今」とはいえない
「即今」は天にも地にも自分にも通じるもの
人は「即今」「即今」と今のみに心をよせ 身に入れてゆけばよい
それが性根を育て たましいに新しい感覚の智恵を入れてゆく
ともあれ 「真」により身を整えよ。

2020.11.13

人は 問題がある度に大きく新しく自分を切りかえてゆける
但し その問題に対して
恩情(感謝) 温情(いたわり) 愛情(厳しさ)で解決してゆけば…
その問題の本質と関係なく 人情 強情 同情だけで見て動く時は
かえって本筋から遠のき 空回りしてゆくことになる
こういう時こそおびえず 今迄の自分を振り返り
自分自身の本心を見て 過去にとらわれず 先のことを心配せず
素直に今のみに心よせる勇気を持ち努力することです
すれば身軽で気軽な 自分づくりに挑戦してゆく人になり
今はもちろん 永遠の道を歩んでゆくことになる
生きても死んでも関係ない本体の自分と仲良く
人とも心より話し合える人になれるでしょう。

2020.11.4

生きるって こんなに楽しいもの!
すべてが新しい出会いであり
すべてが冒険であり
のんびりしているのがもったいない
のんびりは 寝ている時だけで十分幸せ
生きている限り 新しい智恵にめぐり合う
それが 前世の人 今世の自分への感謝であり礼である。

2020.10.28

たましいは消えない
肉体は たましいの浄化また向上のため
その時々に必要として頂いているだけ
そのことをしっかり自覚して
身軽く 気軽く 本来のたましいの役に素直に帰り
神仏 賢者の智恵を頂き
その無駄ない無理ない生き方を学び
今生きることに張り合いを持ってゆけばよい
〝生きる〟とはそういうこと
自分の気をおびえから切り離してあげること
それを素直という。

2020.10.15

人間は 永遠に続く一本の道を歩んでいる
その道の先は 神の調和すなわち極美の世界
なのに人間は 肉体を持つと自己自我が芽生え
本来単純なことさえ複雑に捉え 空回りして
素直な生き方が出来ない
感情とはなかなか厄介なもの
白神さまが示された「合理」は
人間の持つおびえが慾を呼ぶ特徴を消化するための言葉
神の真に向かって
早く本来の人間になりなさいと励まして下さっている
あとは 我々人間が日常生活の中でお互いに助け合い
争いなき平和でおだやかな世界を築けるよう
人間としての誇りを持つべきである。

2020.10.12

身惜しみ 気惜しみは 人間として一番損な生き方
身惜しみ 気惜しみは この世に生まれた意味を知らない人
また知っていても それに対して自分を守ってあげられない
誠意なき 心を知らない者の生き方
せっかく神仏の智恵をいただきながら
身惜しみ 気惜しみの慾にのまれている者には
不幸が来てもあたりまえ
それが神の愛であり 仏の慈悲の祈りというもの
人間がみな正しき生き方に心よせれば
神仏は わざわざ我々に通信なさらないと思う。

2020.10.1

人は 真面目にコツコツとやっていけば
物事は 必ずいいように流れていく
流れは 真面目さと誠意により生まれる
それ以外にない。

物事を行うにあたって
一人より二人の方がよい
二人より三人の方がよい
そしてお互いのよさを出し
よき調和の道を学ぶとなおよい。

2020.9.17

人間は
自分を律するところに 自分を安定させることができる
そして自分の為に生きる道を見つけ 心安らかになる
そこには天から与えられた 時があり
死ねば時などない世界
時があるから 生きていると実感してゆける
時の中には 心の財がいっぱいかくれている
まるで宝石さがしのように
私は時を大切に扱い 時の中の自分の役に律してゆくだろう
もう大丈夫 すべて時のみに私を織り込んでゆくから
私という宝石を―――。

2020.9.11

まごころは
すべてを和ます
まごころは
今正しいことをやっていればいいのである
人の顔色を見るのでなく
今なにが大切で必要かを考え
我心なく 体当たりしてゆく
それがまごころ
まごころは すべてを明るく公平に見る
決して偏った情ではない。

2020.9.4

神仏は 過去を戒めないかわりに今を見る
そのところを心して
今 今 今と 今を活かすことに心を向けてゆく
それを仕合せという
仕合せを行っている時は
とまどったり 迷ったり 苦しんだりするものだ
ただし悩みはない それは前向きだからだ
悩みは自己主張の時 起きるものだから
仕合せが身につき 不安もおびえもなくなり
あたり前に動作が出来た時 はじめて天から幸せを頂く
これが天則である。

2020.8.28

物を活かすことが感謝である
物をいたわることが感謝である
人と円滑にゆくよう気を配ることが感謝である
それが自分の身の掃除であり整頓である
その心が今自分の中に芽生えた時
人は人間として成長してゆく
人・物・金に対して活かす心 敬う心があり
自分の生き方に責任をもって人をあてにせず
自分の特徴 取り柄を自然に生活の中に出して
人との和を重んじ 自ら先に立って人生を楽しんでゆく
それが本来の人間の生き方。

2020.8.20

信行とは(修業)
なんでもよくとれる自分をつくること
心行とは(修業)
なんでも心から行動できる
素直な計算のないそして貸し借りのない人になること
真行とは(精進)
今正しきことを心から行う人になること

2020.8.07

常に正しき生き方を心に置き そしてその正しきことを
自分の身で一つひとつ感じてゆく勇気があれば
たとえ失敗したとしても それは失敗ではなく
むしろ現実を肌で感じ知ったという得難い経験であり
たましいの中に智恵として永遠に記憶されてゆくのです
生きるということは
力を入れすぎず 力を抜きすぎず 今という時を大切にいただき
物事を正しく見て 正しく聞いて 正しく捉えてゆく
その積み重ねの中で
美しいものと出会い 心はずましてゆくものです
美しい出会いには 物金に恵まれなくても
今ある中で楽しむことができるのです
物を生かす温かさと感謝があれば
それがやさしさに変わってくるのです
やさしさは 人・物・金を生かし使いこなす
「礼と敬」から始まるのですから…。

2020.7.30

物事は その時々に合わせ
コツコツと慎重にあたってゆけばそつはない
それが時に合わせ 時を活かすことにつながる
その時に合ったことだけに神経を使ってゆけば
必ず 時を活かし 流れをつくるもの
たとえすぐに答えが出なくても
いずれ芽が出る種を育んでいるのだから。

良いものは良いと言える人になるといい
それが素直であり
現実にそっている自分ということだから。

2020.7.17

人間は日々の中で
自分の適性を知り 物事の適格性をみつけ
充実した生活を営む
それが仕合せという。

人は 頑張ってばかりでは自分が疲れる
それよりも 人に素直にお願いできる人になれば
身軽になれる
ただし相手を利用しようとする心はいけない
お願いは いつか返そうと思う 礼と敬の心。

2020.7.9

教えは
自ら日々の生活を楽しく行おうとする人の中にある
教えは
天にそって人との輪を求めてゆく温かさ やさしさのある人に
勇気と智恵を与えてくれるもの
「ありがとう」「すみません」「ごめんなさい」「おねがいします」
この四つの言葉を心から言えた時
もうその人は神仏の世界の心の人である
あとは天にまかせ 悪い種を蒔かないように自重し たしかめて
日常を楽しく 自分の取り柄を出し 人と仲良く助け合い
円滑な生活を営む努力をする
その姿に神仏は微笑み 見つめてくれるだろう
神仏の縁は まごころとやる気しかないから――。

2020.7.3

生きることにワクワクしてきた
自己自我を横に置き 自分を空にして
物事を素直に見 行ってゆくと
すべてが新鮮に感じられ ありがたい
時をいかすとは 時を知り 時を消化してゆくこと
これは決しておごるでなく
今と自分との織物の一部を知り
智恵を頂いたことへの感謝のこころ
そしてそれが観音様の言われた
「自分は時によって育てられている」ということだろう。

2020.6.26

日々の経験を通じて学んだことを
着実に自分の知恵にしてゆく
その積み重ねが生きるということ
その知恵により 人は物金を生かすことができる
ただし物金はこの世だけのもの
あの世では必要ない
あの世では この世での物金に対する思いが残るだけ
だから良い思いの為に 物金を生かすことを学ぶことです。

2020.6.19

たましいは 新しい経験と出会いを求めている
それは 美しい人になる為に生まれているという心でいるから
たましいは すべては前向きなはずなのに
肉体をいただき自己自我を持ち始めると
つい自分勝手になり 醜い汚れた己を出してくる
本当に悲しいものだ
常に意識を自分に向け
自分に対してのやさしさ 思いやりを持つことである
人と競うのではなく 自分の中の己と戦い
常に素直な 正しい見方 捉え方を
自分の中に求めてゆくといいと思う
それを謙虚 実直 まじめという。

2020.6.4

美しい顔は
美しい心から備わるもの
綺麗と美しいは違う
心丸く 素直で 清純な時に
人は 美しい顔になり
時を尊び 時を敬い行う時
人は 美しい心になる。

2020.5.27

人は 現実に対して自分の好き嫌いを横に置けたら
それは空のはじまり
人間は現実に対して素直に消化してゆくところに
無の感覚に近づいてゆく
空の時は 意識があり
無の時は 自然にそって無意識なり。

人は理屈を言わず 六根清浄の心でゆくがよい
それが 己我無(拝む)心に近づく 又近づきやすい
六根清浄とは 現実の今(時)に 与えられた役に
全身を体当たりしてゆく心。

2020.5.14

たましいに品格のある人は
つねに真実への追求の心 姿が見られる
自然と一体になることをよろこびとし
物の価値をいかし 自然に対して感謝の心をもつ
だからつねに心が新鮮で 物金への執着はなく
無への挑戦をしてゆく
そのような心を持った人はめったにいない
色気や見栄もなく 人を意識せず 自己主張もしない
その人の心は天にそって どこか空気のような人
それだけ純粋で無邪気な人といえる
肉体は老いても 心はつねに青春のような人
いつまでも心若く明るく
死ぬまで自然(真理)を追究してゆく無心の人
心は天使のような人。

2020.5.8

心(たましい)が凛としていると
気はシャンとしているもの
凛とは 厳しさの中にやさしさがあり
正しく行動できる品性が備わっていること
シャンとは 姿勢を正し 物事を正しくおさめる姿
いくら頭でわかっていても
気が正しく動けないと凛とした心にはなれない。

2020.4.27

常に物事を気(感情)でなく
心で聞けるように
心で見られるように
心で捉えられるようになると
すべての煩悩から解除される
気は ただ余分な苦浪(苦労) を生むだけのもの
人はそのところを感じないと いくら口で言っても
自分の心(たましい)に届かないものと知るとよい。

2020.4.17

あたり前に不足を言わず物事が出来た時
人は 人間としての資格を持つ
ああだ こうだと自分にとらわれている間は
まだ人間になってはいない
淡々と物事を捉え 今を活かすのみに気をむけてゆく
またそれを生きがいとして日々を送る
それが 自尊そのものの生き方と言える
人は 自分の汚れ欠点を一皮一皮浄化し人間になってゆく
そして人間になってから本当の尊い生き方が始まる。

2020.4.7

病は
自分を整える為の神様からの啓示であり警告である
病により自分を見直し整える
整えるとは それぞれの人が生まれた意味にもどること
本来の自分の気質を見直し
今の有り方を通じて 正常な自分にしてゆくこと
正常とは 理にかなった生き方をいう
それを自知という。

手当は
今の自分を素直に振り返り
反省と誓いの繰り返しで 正常な自分に整えてゆく
また 体に合った手当てをして補ってあげる思いやりも必要
ともあれ 自分の体は 自分でやさしく見てあげること
やるべきことをやり あとは神様の真に身を合わせる
その素直さがあるか 即ち 自尊の姿になるかどうかである。

このページのトップへ
Copyright © JISEIKAI. All Rights Reserved.