ホーム > 書籍・DVD > マイ・フレンド バックナンバー 2021年

マイ・フレンド バックナンバー 2021年

『マイ・フレンド2021 NO.78』最新号

蓮華のひとりごと より

つねに音楽を聴き
つねに手を動かし 体を動かし
この世を満喫してゆく欲張りな私
そしてあの世でゆっくり自分の動いたことを見ます
時を惜しむ心が人一倍の私
この世を大いに知り 活かして
この短い時間に浸っていきます
皆さんよろしくね

教えの言葉―蓮華先生 より

何を標準に出来る、出来ないをいいますかってレオ先生がいうんですよ。
それはうわべだけいうからです。
レオ先生は真を見てるんです、中身を。中身を見てるから。
やる気があっても、わからないからできないという人間。
やれるんだけどやらないっていう人間。
それをレオ先生がいわれる。
だからわからない人は、自分でわかるようになれば、もうやる気ができるんですが、それをなかなか知ろうとしない・・・

お釈迦様のお話 より

そして、この世は「なぜだろう、なぜだろう」ということがあって、「生老病死」という言葉とか、人間は会ったら必ず別れなければならないとか。考えてみると全部「情」です。全て情の整理なんです

『マイ・フレンド2021 NO.77』

蓮華のひとりごと より

時は神のはからい
時の中で人と出会い
時の中で物・金を消化し
時の中で自分を知る
すべては時があるから能率よくゆける
時は神のはからい
そして大切なことは 時に対して素直であること

教えの言葉―蓮華先生 より

私はレオ先生がね、この前いわれたので、すごい感服とね、感動したんですよ。
「生も行、死も行、自然の摂理の中に生物がいる。」
この言葉に、私はものすごい感動して、ものすごい肩の荷がおりました。
生まれるのも行、死ぬのも行、だから死ぬなんて怖くないぞ。どうしてってもう、
永遠の道に死ぬと同時に生きてますからね。魂は永遠に。ただね、この世を去る時に、心残りがあるかないか、ただそれだけです。毎日毎日やってれば、ちゃんと人と会話できていたら心残りはない。
こうやってくれそうなもんだ、ああやってくれそうなもんだと思うその欲深が、心残りを作っているんだよとこういわれ、すごい言葉だと思います。

『マイ・フレンド2021 NO.76』

教えの言葉―レオ先生との会話 より

レオ先生:
「一生懸命」「無我夢中」。こういう時は一体になっているからね。苦を乗り越えるには、その言葉が欲しいんだ。その言葉のような心が欲しいんだ。そうすると、苦を乗り越えているから…
苦労のない人間には温かい人間はいない。苦労して温かくなる…

質問者:
自分勝手な苦労ってありますよね。その場合は温かさは出てこないですか。

レオ先生:
「出てこない。思い込みだから怒りが出てくる。

質問者:
それは自分で、どう見分ければいいんですか。

ああ、自分の中でね。…自分が一番知ってるんじゃないか。
本当の自分になっている時はね、人のことが頭に浮かばない。真剣だから。
で、ちょっと身勝手な苦労の時は、つい人のこと、世間とか人目を気にする。
そういう時は、もう偽っているわけだから。本当の苦労ではない。苦を作っている方だ。むしろ難をね。
人を意識しているのは本物ではない。人関係なく、言葉でいうと、例えば砂漠の中で、一人で歩いていても怖くないっていうのが本当の自分である…

このページのトップへ
Copyright © JISEIKAI. All Rights Reserved.