ホーム > 書籍・DVD > マイ・フレンド2021 NO.78

マイ・フレンド2021 NO.78

『マイ・フレンドNO.78』
<目次>

蓮華のひとりごと
教えの言葉 白神様がずっと伝えて下さったこと⑵―蓮華先生

・上下はあるが強弱はない
・何を標準に
・真面目の第一歩
・おびえからの出発
・複雑にしているのはあなた方
・実ある生活

これまでの各地の勉強会から

・お釈迦様のお話

自生会だよりを振り返って

ザ・ペパーミントのページ

・自律神経を整えよう
・そこ知り鏡餅
・心に残る教えの言葉

読者のページ

・コロナ禍の中で 他

『聖ある生き方』を読みましょう

ごく楽山お参り

編集後記

蓮華のひとりごと より

より良く生きるとは 決してがんばるばかりでなく
その中に 人にとらわれない のどかさと平凡さがある
それがわかりかけたら その人は天の心がわかった人といえよう
天の心とは 今という現実に素直に合わせ 活かす心
人の為だけでなく自分も共に成長するということ
天の心 即ち神仏の英智をいう
本来 人は天の心にそって生きればいいのであるが
つい自己自我を優先し おびえの方に気がゆき
知らず知らず強弱の世界に身を委ねていく癖がある

教えの言葉 白神様がずっと伝えて下さったこと
(2)―蓮華先生 より

ただ、そのやる気ってどうしたらいいか。責任感です。自分への責任感です。
生れた以上はね。人に迷惑かけたらいかんしね。自分のやるべきことをやる。これが真面目の第一歩ですね。で、それをやった時に、その人が楽しい、やりながら嬉しいっていう心が湧いてきた時に、初めてその人が「こころ(情)」というものを知ってくるわけです。
それまではこころを知りませんよ。みんな知ってると思ってても…

…じゃあ、一番簡単にいえばね、皆さん社会人ですから、仕事で勝負してください。あの人は間に合う人だ、とかね。あの人いないと困るとかいわれる人になってみてください。早くいえば、重宝がられる人。重宝ってわかるでしょ。重ねる宝。宝ですからね。いなくなって初めてわかってもらえるんです。いるときはわからないんですね。余りにもその人は、威張らんからね。威張る人は、誇張してるからね。あの人は嫌だけど頼もうかってなるんですが、そうじゃなくて、自然にお願いね、やってねっていわれるということは、それだけ信用されるということです…

お釈迦様のお話 より

…その「情」も流れていればいいんですが、ちょっと戸惑ったりすると「業」が足を引っ張る。その業も、「感情」というとらえ方じゃなかったら、さほどではありません。感情というとらえ方になると、悲しいとか苦しいとか、色々な喜怒哀楽の感情が出てくるわけです。

それで体を痛めたり、色々やったあげく、やり切ったおかげだと思いますが、やはり、自分を守るのは自分だけではなく、何かに生かされているということを知ったわけです。自分の中で、小さな枠で考えていて、いつまでたっても渦の中でただ生きて、それに戸惑っているだけの自分でした。

けれども、気を抜いてみたら、当たり前じゃないかと。「生老病死」にしても、当たり前じゃないかと。「八正道」にしても、全部当たり前に自分が真面目になればできることじゃないかと。という風に、全部自分の心を変えてみた時に、何か光的なものが、未来が明るくなったというのか、パッと日が差したわけです…

このページのトップへ
Copyright © JISEIKAI. All Rights Reserved.